ビジネスパーソンのための明日の仕事がちょっと面白くなるためのヒント

>

これからのビジネスパーソンに必要なものとはなんだろう

コミュニケーションスキルを身につけよう

コミュニケーションスキルとは、どんな職種であっても重要となるスキルの一つです。
営業ではもちろんのこと、クレーム処理や電話対応など、あらゆる場面で必要となります。

新入社員から管理職まで、コミュニケーションスキルを高めることは、仕事を潤滑に進めるための大切なポイントです。
相手が話している途中で割入ったり、なんども同じ事を聞き直したりするのはNGです。
基本的な事ですが、会話のキャッチボールが成立しているかを常に意識してみるといいでしょう。

少し高度なテクニックとしては、ミラーリングやペーシングといった相手の動きや声のスピードに合わせる方法があります。
これは相手に親近感や一体感を持ってもらうための反射と同調です。
相手が聞きやすいようなスピードで話したり、適度なタイミングで相槌を打つのも、簡単なようで同じような効果があります。

効果的なプレゼンテーション能力とは

プレゼンテーション能力とは、伝えたい事を的確に分かりやすく伝えるスキルです。
新商品の提案であったり、複数社でのコンペ、入社面接などもプレゼンテーションとなります。

商品をいかに魅力的に見せるか、どうやったら提案を受け入れてもらえるか、仮に同じ内容をプレゼンしたとしても、スキルの違いが明確に出てしまう部分なのです。

コミュニケーションスキルと同じように感じるかもしれませんが、相手に的確に伝えるためには、論理的思考が不可欠です。
それに基づいた資料の作成や、話し方まで、一貫した複合的な技術が必要なのです。

まずはマニュアルやテンプレートの力をかりて誰が見てもわかりやすい資料の作成をしましょう。
短期間でもしっかり学べるセミナー等を利用するのもスキルアップの手段となります。


この記事をシェアする