ビジネスパーソンのための明日の仕事がちょっと面白くなるためのヒント

>

知識や経験を活用しよう

マネジメントスキルを磨こう

マネジメントに欠かせないスキルなのが、コンセプチュアルスキルです。
トップマネジメントに近くなる程、不可欠となってくるスキルといえます。

中堅社員として会社の中心となってくると、情報分析力や決断力、人材育成力など、組織をコントロールするための技術が重要なウェイトをしめてきます。
人材の流動化も加速していく中、スピーディーかつ的確な判断を下せるマネジメントが求められています。

与えられた仕事が組織の中で、どのような意味をもつものなのか、他の仕事へどのように応用出来るのか、こういった思考をしていくこともコンセプチュアルスキルを鍛えるトレーニングとなります。

多くの情報の中から、有効なものを素早く活用出来る、理解力と行動力のあるビジネスパーソンを目指しましょう。

グローバル人材になるために

国外を視野に入れたビジネスを展開していくためには、語学などのグローバルスキルが不可欠でしょう。

グローバルレベルでの企業間の競争では、イノベーションリーダーが必要とされており、新たな価値観を付加出来るような強いリーダーシップをとれる人材が必要です。

2020年度から小学校でも英語が教科化されます。これは慣れ親しむためではなく、英語を使えるスキルを育てていくということです。社会全体がグローバル化に向かっているのです。

ビジネスにおいて言葉がネックになるという時代は過去のものとなりつつあり、今後さらに多様な言語を武器にするビジネスパーソンは増えていくでしょう。

グローバルな人材となるために、まずは英語からマスターしましょう。


この記事をシェアする