ビジネスパーソンのための明日の仕事がちょっと面白くなるためのヒント

>

効率よく仕事をするために

PCスキルを上げて作業効率を上げよう

ひと昔前であれば、PCは苦手なので、というスタンスも受け入れられたかもしれませんが、現在のビジネスパーソンにとって、基礎的なPCスキルは持っていて当然のものとなっています。

少なくともタイピングやメール、入力等の基本操作はきっちり押さえておきましょう。
職種によって事務処理系であったり、クリエイティブ系であったり、必要となるスキルが大きく変わってきますが、共通していえることは、ハード面やソフト面の進化にもついていけるよう、情報収集する習慣をつける事が大切です。

PCスキルが上がると、作業効率が格段にアップするので、必要であれば講習を受けるなどして自分に必要なソフトの操作は早めに身につけておくといいでしょう。

あると便利なPCスキル

基本的な操作以外に、あると確実に便利なスキルがあります。
まずはワード、エクセル、パワーポイントです。

これらが使いこなせるレベルであれば、オフィスワークや事務職など、活躍の場が広がるでしょう。
営業職や管理職でも日常的に使うスキルであるので、仕事のスピードを上げる目的としても便利なPCスキルとなります。

他にも、使うと確実に作業効率が早くなるスキルが、ショートカットキーです。
わざわざ覚えるのが面倒、と思うかもしれませんが、マウスだけで操作した場合とショートカットキーを駆使して作業した場合とでは、作業時間が倍近く短縮することもあります。
これはクリエイティブ系のソフトでも顕著に差が出ます。

またPCにトラブルが起きた場合に対応出来るようにハード面での知識もある程度つけておくといざという時に困らないのでおすすめです。


この記事をシェアする